粋な瑞雲の文様を絽刺しで描いた正絹名古屋帯

粋な瑞雲の文様を絽刺し技法で表した、たいへんインパクトのある名古屋帯です。

瑞雲の文様は、雲に吉凶の意味を託す中国思想で、めでたい雲という意味の瑞雲を文様化したものです。

絽刺しは中国の三大刺繍の一つとされており、奈良時代以前に日本に伝来した刺繍技法。

重厚な糸味で表現された粋好みのする柄ゆきです。歌舞伎鑑賞などにもお薦めです。

※帯の前柄ですが、関東巻きだと無地、関西巻きで柄が出ます。関東巻きの時は帯留など合わせると良いでしょう。





■本商品はリユース品です。


クオリティランクA
※クオリティランクにつきましては一番下の表をご確認ください。

着用時期:10月〜翌年5月

シチュエーション:カジュアルシーンに

状態:たたみじわがみられます。若干の使用感はあります。美品です。



商品の詳細
素材
仕立て 名古屋帯
柄行 お太鼓柄
サイズ 全長:375.0cm
幅:30.2m
手先部分の幅:15.1cm


クオリティランク
AAA 新品、新古品、未使用、新品同様
AA 着用済みですが、状態良く美品
A 使用感がありますが、着用に差し支えない状態
B 少々難あり、ご理解ある方向き
C 難あり、着用不向き。手芸材料、着付け練習用
  • 17,280円(税1,280円)

型番 0020161110001